データ復旧の価格や方法を熟知しよう|外付けhddが心強い

メンズ

サービス向上の活用

パソコン

スキャニング技術の向上や文書の電子化を請け負う企業の増加によって、より安価に文書を電子化できるようになっています。また、文書の紛失や盗難のリスクを減らしたり紙の使用量削減によって環境保全の一端を担うなど、電子化には多くのメリットがあります。

もっと読む

詳しい人にもお勧めの方法

女性

自分でパソコンの故障防止にかけるコストというものは意外と高くつきます。データ復旧業者の作業というものはパソコンの趣味人にとっても参考となるものです。それは自身の知識にもなるため、パソコンに詳しい人が利用するのも良い方法と言えるでしょう。

もっと読む

データのレスキュー

ハードディスク

データレスキューの価格について

データレスキューには知識と高度な技術が必要になります。そのため、軽度の論理修理でも3万円から6万円ほどかかります。また、hddの容量により金額がアップしていきます。容量が大きければ大きいほど高くなります。重度の論理修理になると10万から25万ほどかかります。物理的な障害になるともっと高くなり、軽度の修理で15万円から50万円ほどかかります。重度の物理修理は20万円から65万円ほどかかります。これはあくまでも全国にあるデータレスキューの会社の修理の相場になります。個々のデータレスキューの会社やパソコンの状態によってはもっと安い修理代ですむこともあります。高額な修理費用に泣かないためにも、事前に修理の見積もりとデータ復旧できるかどうかの可能性の確認をして、価格や方法を熟知しましょう。

防止対策として

データを復旧するには大変な時間と労力が必要になります。その最たるものはコンピュータウィルスの感染です。データが破壊されるだけでなく、データが外へ漏れだす危険性もあります。また、感染した場合にデータの復旧ができないリスクも忘れてはいけません。データレスキューの会社でデータを復旧させることができればいいのですが、できないときもあります。永遠にデータが失われてしまうリスクです。 そうならないためには事前対策が大切になってきます。パソコンの操作の間違いをしないことやコンピュータウィルスに感染しないようにパソコンを守ることです。また、データの消失のリスクに備えてバックアップを2重にとることは必須です。重要なデータなら3重のバックアップをとってもとりすぎることはありません。バックアップを取るには外付けのhddが有効です。定期的に外付けhddへバックアップを取っておくと良いでしょう。

保存データの復旧について

オフィス

パソコンを長年使用していると、パソコン内部のデータが消失してしまうことがあります。そういった場合にはデータ復旧をする必要があります。データ復旧は、評判の良い業者に依頼することがベストですが、個人でも復旧することは可能です。

もっと読む